スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



作品撮影のひと工夫

room2.jpg

太陽が差し込む窓際で作品を撮ると窓枠が表面に映って作品に立体感がでるんですが、
しかしこれは晴れた日じゃないとできないのでいつでも撮ることができません。

そこで、同じように見せるために照明ボックスにひと工夫・・・

スポンサーリンク



DSC03682.jpg
黒色の厚紙を窓枠のようにカットします。

DSC03677.jpg
それを照明ボックスの側面に留めます。

DSC03670.jpg
いつもと同じように照明をあてて準備OK!

窓枠が映り込む角度で撮影すれば、
同じ効果が得られます。
これで24時間天候に左右されずいつでも撮りたい時に撮影することができますね^^

以下は作例です。
しっかりと窓枠が写り込んでいて立体感が出ています。
DSC02659_20140830182137c11.jpg

DSC02534_20140830182501073.jpg

DSC02777_20140830180913a6d.jpg

カメラのEVを上げて明るめに撮った方が見え方もいいです。
以上、透明な作品に効果的な写真撮影のひと工夫でした。

スポンサーリンク



テーマ: レジン樹脂アクセサリー - ジャンル: 趣味・実用

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。