表面に付いたキズを修復するには・・・

R0050197.jpg

大事に使っていたレジンアクセサリー。
ふと見ると、大きなスリ傷が

もしこのようなキズが付いてしまったら・・・

普通なら表面のキズをペーパーヤスリである程度なくしてコンパウンドで磨いていく・・・
といった作業が必要で手間も時間も相当かかります。

そんな面倒なことをしなくても、ほんの一瞬で直る方法があります!

スポンサーリンク



R0050197-2.jpg
キズは結構深め。結構目立ちます。

R0050403.jpg
使うのはターボ式のガスライター。
キズにほんの一瞬、ボッっとするだけ。

R0050200.jpg
すると直ぐにキズがこんな感じで消えていきます。
この場合キズが深いので3~4回ボッっとしました。

R0050206.jpg
細かなキズは一瞬、ボッっとするだけで・・・

R0050208.jpg
こんなに綺麗になります!

R0050393.jpg
ちなみにやりすぎるとこんな感じに焦げます^^;
やりすぎ注意です。

透明樹脂(デブコンET)は特性上、温度が高くなると柔らかくなるので、熱を加えることでその部分が柔らかくなり、キズが消えたようになります。

ライターの扱いには十分注意して自己責任で行ってください。
やけどしたり火事になっても責任は負えませんので・・・。

以上、キズが付いたときの直し方でした。

スポンサーリンク



テーマ: レジン樹脂アクセサリー - ジャンル: 趣味・実用

Comment

すごい!!!!

はじめまして!
いつもきれいな作品ばかりでうっとりしながら拝見しています♪
花束柄がキレイでお気に入りです♪

私もレジン(UVやクリスタル2、デブコン)を使うんですが、必死に傷消ししてました…

裏ワザありがとうございます!
参考にさせていただきます!

2013.05.31 (Fri) | Risa #f4RRH762 | URL | 編集

Risaさんへ

嬉しいお言葉ありがとうございます!
お役に立てて光栄です。
ただこの方法はUVレジンには効果ないと思います・・・。

2013.06.03 (Mon) | windy #- | URL | 編集

Post comment

Secret