レジン液と道具類

知り合いにあるものを見せられました。
これきれいでしょ。レジンで作ったの。
レジン?なにそれ。
レジンでググったら出るわ出るわ。ハンドメイドの作品たち。
へぇ~こんなきれいなのが自分で簡単に作れるんだ。
なんだかとても惹かれてしまい、
自分もやってみたくなり、レジンをネットで購入しました。

R0043524-3.jpg
購入したレジンはこれ。350gで3,500円(送料別)でした。
エポキシ樹脂で、主剤と硬化剤を混合すると自然硬化して非常に透明度の高い樹脂になるというもの。
これだけでは作業ができないのでホームセンターや100円ショップで道具を買いにいきました。

スポンサーリンク



そろえた道具類です。

★デジタルはかり タニタ デジタルクッキングスケール KD-189
安価ながら高性能。最大計量1kg、最小表示0.5g、風袋引き機能、地域設定機能など

以下は100円ショップでそろえました。
★キャップ付き液体容器大(主剤用)
★キャップ付き液体容器小(硬化剤用)

キャップ付の容器に移しておけば注ぎやすいです。

★スリムクッキングヘラ
混ぜるのに必須です。

★60mlミニクリアーカップ25個入り
主剤と硬化剤の混ぜ合わせ用に。

この中で一番重要なのはデジタルはかり。
主剤と硬化剤の分量を正確に計らないと硬化不良になっていまいます。
最小表示が1g、0.5g、0.1gなどあるんですが間違いなく0.1gを選んだ方がいいです。
私は0.5gでもいいんではないかと購入しましたが、これが大きな間違だったということを後に思い知らされます・・・。

簡単にできそうと思っていたんですけどなかなか思うようにいかないですね。
上のタイトル画像とプロフィール画像は、失敗を何度も重ねてようやく思うものが作れるようになったものです。
それまでの日々の制作過程を記事にしてUPしていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

スポンサーリンク



テーマ: レジン樹脂アクセサリー - ジャンル: 趣味・実用

Comment

Post comment

Secret